材質によって建設費用が違うアパート建築

アパートの種類

アパート建築 / アパート経営におけるアパート建築費ってどれくらい?

アパートの種類アパート建築の融資相談を受けるアパート経営を軌道に乗せたい

アパートにはいろいろな種類があります。
例えば2階建ての6世帯や8世帯の一般的なアパートであったり、3階建ての10世帯や12世帯のアパートなどがそれです。
そのなかでも、単身者向けのアパートもあれば、ファミリー向けのアパートもあります。
アパートなどの賃貸用不動産は二つと同じ物件はなく、それぞれ特徴があるものです。
自分がアパート建築を考えたのは25歳を少し過ぎたあたりでした。
もともと自分が住む土地がアパートを経営していたこともありました。
アパートは昭和50年ころでやめてしまいましたが、そのアパートの壁をぶち抜いて、一戸建てとして長い間利用していました。
聞くところによるとアパートは4年くらいで経営をやめてしまったそうです。
その後、とくに住むにあたり不自由はありませんでしたが、せっかくアパートを建てたのにすぐに経営をやめるとはなんともったいないことかと思いながら生活していました。

昨日訪問した新築アパート建築現場状況です。
土間が打たれ、外観が整いつつあります。
進んでいる事は確かですが、あと1週間で終わるのか? pic.twitter.com/nexe9V4ngh

— KENT@サラリーマン大家 (@KENT40071716) March 22, 2020